SEO対策のためのキーワード選定

SEOとは、検索エンジン最適化(SearchEngineOptimization)の略称であり、ウェブページに対してSEO対策を行うことで、検索エンジンで検索を行った時に上位に表示されるようになります。SEO対策で大切なことは、キーワードの選定です。ブログの場合は、ブログのタイトルやカテゴリ名、そしてエントリーのタイトルに検索してほしいキーワードを盛り込むと検索されやすくなります。どのようなキーワードで検索されることが多いのかを知りたい場合は、GoogleAdWordsの無料ツールであるキーワードプランナーを活用しましょう。このツールを利用すると、そのキーワードがどの程度検索されているのか、更にどの程度競合性があるのか等を調べることができます。キーワードを検討する際には、ぜひこのツールを活用してください。

SEO対策にはブラックとホワイトがあります

SEO対策とは、検索エンジンで、自分のウェブサイトを上位に表示させるための対策です。上位になるということは、それだけ多くの人に見てもらえる可能性が高くなるというメリットがあります。SEO対策は、時代と共に変化しています。最近ではブラックハット、ホワイトハットと区別されるようになりました。ブラックハットとは、意図的に順位を上げるために、本来の内容とはかけ離れたような対策を講じることを言います。この場合には、検索エンジンの運営側からペナルティーを科せられることもあり、そうすると、順位は下位から上がることができなくなります。ホワイトハットとは、ウェブサイトに適しており、サイトを訪れた人にとっても有益な対策のことを言います。ペナルティーを科せられないようにSEO対策を行うには、どのようなものがブラックハット、ホワイトハットなのかということを学ぶ必要があります。

SEO対策の目的とその意味は

SEOとは、サーチエンジンと呼ばれる検索エンジンを最適化するという意味の言葉ですが、インターネットの仕組みに詳しい人でもなければ、あまり詳しいことはわからないのではないかと思われます。けれど、日頃からインターネットをする人であればだれでも、知らないうちにこのサーチエンジンのお世話になっています。わからないことがあればすぐにインターネットで調べる、それこそがサーチエンジンの利用に他ならないからです。さて、そこでSEO対策が何かという答えになるわけですが、サーチエンジンを利用した結果、表示されるサイトには、当然のことながら順番があります。たいていの人は上から順に、これかなと思うサイトをクリックして訪問していきますので、そこで何らかのアクションが起こる可能性が高いと言えます。それを狙うことこそが、訪問する人を呼び込むためのSEO対策というわけです。